8月の旬野菜 ~ゴーヤ~

ゴーヤは、沖縄で多く生産されている野菜。最近ではゴーヤチャンプルが関東でも良く食べられるようになり、ポピュラーな野菜になりました。名前は、ゴーヤとかニガウリとか、様々な呼び名があるようです。中国では苦瓜(クーグァ)と言うので、そこからゴーヤになったという説が有力です。

 

原産は熱帯アジア。アジア以外の熱帯地方でも野生種があるようです。日本には中国から江戸時代に伝来しました。最初は沖縄や九州で栽培が始まったようです。最近では夏の日除け、グリーンカーテンとして一般家庭で栽培されるようになりました。ちなみにイボがないものや、白いゴーヤもあるそうです。

 

 

栄養素としては、きゅうりやトマトに比べてビタミンCが豊富。炒めると壊れやすいといわれるビタミンCですが、ゴーヤは壊れにくいとか。苦み成分は、モモルデシンといい、体に良いとされています。食欲増進や胃腸の粘膜を保護する効果もあるそうです。

 

油との相性もいいので、炒めるといい味わいに。豆腐と炒めるゴーヤチャンプルーは有名ですが、湯がいてお浸しやサラダにも使えます。台湾で乾燥させたお茶を飲んだことがありますが、結構おいしかったです。

神経に働きかけて、体をシャキッとさせる効果もあるので、たくさん食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

 

★日野農産物直売施設 やっちゃ場

営業時間:午前8時40分~午後4時 ※毎週日・祝日定休

TEL:042-583-2111