■美しい風景をもとめて… ~立川のイルミネーション~

冬の風物詩としてスッカリ定着しているイルミネーション。あちこちで、駅を降りるとキラキラとイルミネーションが輝き、美しい風景が広がっています。TAMAナビでは、昨年の12月に京王多摩センターのイルミネーションを紹介しましたが、今回は立川に行ってきました。

駅を降りて、まずは北口へ。デッキのあちこちにイルミネーションが輝いています。伊勢丹や北口大通りに向かう通りの天井も、ブルーやグリーンに変るイルミネーション。駅を背に左側に進んでいくと、ブルーと白の爽やかなイルミネーションが見えました。

そこから再びデッキを歩き、北口大通りが見える方向へ。デッキから通りを見下ろすと、街灯も、道路の中央の花壇もイルミネーションでキラキラ。なんだか心がウキウキします。

それから今回の目的地であるサンサンロードへ向かいました。ずっと向こうの先まで通りを飾るイルミネーションは、約10万球のきらめきとか。

ここまで来たなら国営昭和記念公園にも行かなくてはと思い、サンサンロードから公園方向へ。入口の左右の木にもイルミネーションが輝いています。そこから光に導かれるように歩いていくと、遠くからも公園ゲートの華やかな光が見えてきました。私と同様、みんな夢中で美しい輝きを撮影していました。

今回は公園の中には入りませんでしたが、中に入るとさらに華やかでしょう。12月23日(土・祝)から25日(月)までは19:30から約5分間花火もあるそう。イルミネーションと花火のマリアージュなんて最高ですね。出かける際は、温かい格好で行きましょう!

◇美しい風景に出合った場所:サンサンロード(立川駅周辺)&国営昭和記念公園

◇点灯時間:サンサンロード16:30~24:00、国営昭和記念公園17:00~21:00

◇交通アクセス:JR中央線「立川」駅下車

◇撮影日:2017年12月7日(木)