11月24日(土)フォレスト・イン 昭和館のガーデンチャペルにて秋空の下、神聖な雰囲気の中、両家親族、友人約25名参加、素晴らしい結婚式になりました。その後アリーナ立川立飛へ移動、バスケットボールB1リーグ・アルバルク東京公式戦、プライムタイムでお祝いセレモニー。約2,500人の観客が見守る中、清水立川市長、アレックス・カーク選手などがお祝いのビデオメッセージで祝福。ブーケトスや選手全員とのサプライズ集合写真、会場全体が祝福の温かい雰囲気に包まれた。ご主人の大場 悠貴さんは元々結婚式に対しては否定派だったがイベント終了後「参列者や観客が喜んでくれて、式を挙げて良かった。一生の思い出です。」と結婚式に対する見方が変わって、当推進会の活動目的の”結婚式の素晴らしさ”や”大切さ”をお二人と大勢の観客の方達、特に多くの小学生や若い女性層にアピールでき、イベントは大成功でした!

当日は読売新聞の取材があり翌日多摩版に記事が掲載されました。